忍者ブログ   
admin
  
                       
   
待ちに待った映画「寄生獣」を観て来ました!


auスマートパスの割引なんてのもあるんですね~(TOHOシネマズ)

「地球上の誰かが ふと思った」で始まる冒頭シーン。原作同様 引き込まれるものがあります。


いくどの引越しによる断捨離、こんまり片付け術をかいくぐってきたコミック全巻♪

当初の予定通りハリウッドが映画化してたら ただのホラーかへたしたらコメディになってたと思いますよ。


地球に一番の害は人間である

そして人間の脳に寄生し 人間を捕食する生物が現れる

その寄生生物に 脳ではなく 右手に寄生された人間の高校生が主人公である


始まりはこんな感じ。地球環境 自然破壊 食物連鎖 種の保存 人間のエゴイズム。
あらゆるテーマがパラパラと 衝撃的な画と共に流れていくので 読み始めるととまらず 全巻揃えてしまった次第。

映画はやっぱり展開が早く お決まりの「原作と違う」部分も多々あったのだけど この作品に関しては違うところはあまり問題じゃなく 原作のテーマが映画にも反映されてた時点で 私は文句ない映画だと思います。

「島田」を 弓と矢で倒したシーンが印象的でした。深津絵里の田宮良子も怖さがあってよかった!早く続きが観たいけど 来春までおあずけかー。

なんとなく重い気分のまま 外に出ましたら。


ベイマックス! まさに気持ちをケアしてもらいたいところだったわー。

****
寄生獣の公式ホームページを観たら 右手に寄生した寄生生物、ミギーと ふなっしーがまさかのコラボ!
「寄生汁ぷしゃー!」は 言いづらいと思う・・・。

http://kiseiju.com/report/1120.html


PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
おもしろかったですよね〜!
なんと全巻お持ちだったとは驚きです!
ほんと春の完結編の公開が待ち遠しいですね。

私は秋田生まれで、子供の頃から、里に熊が降りて来て射殺される、というニュースを見ては悲しみと怒りでいっぱいになっていました。悪いのは熊じゃない、山の環境を破壊した人間が悪いのだ、人間の生活の便利さや安全のためにどうして自然や動物が犠牲になるんだろう?と子供心に思っていました。
そういう思いが、ゴジラや寄生獣につながっているのかもしれません。
kanon212 URL 2014/12/02(Tue)20:30:42 コメントの編集
     
      
Re:無題
はい、全部持ってました(^O^)揃えたのはずいぶん前ですが、今の方が時代とマッチしてリアリティを感じます。

本当にカノンさんがおっしゃるように動物には罪はないですね。
海を綺麗にするには山から、と聞いたことがありますが、対処療法だけでなく、里に野生動物がおりてこない環境作りは、時間がかかってもやらねばいけない事だと思います。

寄生獣、続きが楽しみですね!
今日は原作を読もうかと悩みましたが、読み始めると止まらないのでやめときました(=´∀`)

かぐら
【2014/12/02 21:17】
            
           
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
最新記事
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/03 Andrea Gibson]
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++