忍者ブログ
都合により 一部の記事にパスワードの設定をさせて頂きます~
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
朝 近所のノラちゃんに見送られて。

「いってらっしゃいまし」

ひさ~しぶりに浅草へ!
雷門のちょうちん(?) 復活してた。やっぱりこれがないとね~☆


しかしながら目的地は浅草ではなく ここから北上した千束というところ。
「和なり屋」さんという染物&織物のお店へ。

手織り体験です~♪ 


まさか浅草界隈で手織りが出来ると思ってませんでした・・・灯台、もと暗しです。

経糸はいろんな糸がミックスされた多色と 白&水色の二種類があって どちらか選びます。私はシンプル派なので 白&水色にしました。あと青系にしたかったので。

次に緯糸はたくさんある中から 3色までチョイス可(インテリアマットの場合)。
白、青、紫にて即決。

簡単な説明の後 見本の織り方を実演してくださって すぐスタート!

二色織ったところ。久しぶりの感触だな~嬉しい♪


いつも扱ってるのが絹糸なので 麻の緯糸がなんだかごんぶとに感じます。
シャトルは板ひでしたね。
織りやすいようにか 張ってある縦糸の幅と板ひの長さがほぼ同じ。


一色25段織って完成!けっこうあっという間だったなー。


体験料(糸代混みで)2980円でした!金額もお手軽。
コースター2枚の場合は もっとお安いです。

あと注目は道具です。


私が今一番欲しいものは 着物でも有名店のスイーツでもなく コレ↓


骨董市とかオークションとか見てるのですけど なかなかないですなー。
やっぱり新品を買うしかないか・・・。

お天気がもったので この後 浅草をぶらっと散歩しました。


藍染め・機織り工房 和なり屋浅草店 http://wanariya.jp/
PR
富岡製糸場にて 糸枠飾りを座繰り機で作るワークショップを開催していたので 参加しました♪


体験料1500円を支払って 糸枠の飾りを選びました。私は春に向かって 梅と桜にしました。

うーん 懐かしや 座繰り!思えばずいぶん やってなかったです。


煮た繭を「みごぼうき」と呼ばれる小さなほうきでなでていくと 糸がびよ~んと出てくるので それを引いて巻き取っていくのです。何本かをよって一本の糸にしていきますが 成分がタンパク質なので 自然にお湯でくっついていきます。太さ、長さはそんな感じで調整。

座繰り機。


これが欲しくて骨董市など見てまわってますが まあ 東京近郊ではお目にかかれなくなってます。群馬県内の骨董市だとたまに出てくるそうなので 今度 桐生天満宮の骨董市にでも行って探してみますかねー(新品もメーカーさんでは売ってますが)。

二台の座繰り機を使ってましたが 平日なのにかなりな繁盛っぷり!係りの方達は とても忙しいようでした。


昔はこんな感じで。効率化するために 機械もどんどん取り入れていたようです。


出来上がった糸枠飾り♪ 
ちゃんと「富岡製糸場」と「お富ちゃん(イメージキャラクター)」の刻印も入ってますよ!
 

中に豆電球など仕込むと 夜はきれいなライトになるのです。

座繰り機のハンドルを回し始めたら おばあちゃんからのDNAなのか 血が騒いでウズウズ。
やっぱりまた 始めようかなー。
しかし先立つものもなく・・・期待していた仕事のつてもなくなってしまったし 何をするにもお金はかかるものですね(汗)

誰か「うちの座繰り機 使っていいよ!」て方がいらっしゃったら 是非 ご一報を・・・。

本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
グンマーで養蚕農家だった祖母のようなふだんキモノを目指しつつ楽しみつつ、チーバでゆるゆると暮らしています。冷えとり健康法実践中!
最新記事
(02/19)
(02/16)
(02/14)
(02/10)
(02/08)
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 11
12 13 15 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
[09/28 やまぴぃ]
[08/03 もここ]
[04/29 もこき]
メールはこちら
P R
Copyright © Kaguraのうららか日記 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]