忍者ブログ
都合により 一部の記事にパスワードの設定をさせて頂きます~
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
最終日は 半袖でもいいぐらいの陽気で!
風も気持ちよかったので たかチャリ(レンタサイクル)を借りてみました!


出庫する時に100円を投入しますが 返却時には戻ってくるので 実質ゼロ円。
しかし無料があだとなり 返却率がすこぶる悪いといううわさも・・・キーがついてなかったのでインフォメーションに問い合わせたら「盗られちゃって今はほとんど、ついてないんだよね~」とのことでした。マジか。

目的地の途中まで走り とりあえず市内数箇所にあるポートへ返却。
向かいの公園で フリーマーケットやってました。


卵焼きの露店があって すっごく気になったけど。

ここから歩いて 観音山方面へ。

徒歩の選択をしたのを若干後悔したところで 目的地「山田かまち美術館」へ到着♪


ここに来るのはもう 20年以上ぶり。
いろいろ出口のない迷路に迷い込んでいた時に 何度か訪れていました。

あれからだいぶ 年月も経ち 環境も生き方も変わった今 また同じ絵や詩を見ても 感じることは違ってたり また かまち作品の生きる強さに再び勇気を貰ったり。

心に残った詩があったので 係りの方に了承を得て 書き写させて頂きました(紙も貰っちゃった!)ちなみに写真はNGとのこと。しっかり心に刻んで あとにしました。

再びさっき たかチャリを返却した場所へ戻り またレンタルして高崎駅へ一時戻り。

今度は徒歩で 前日にワークショップで一緒になった方から教えて頂いた「さくらの湯」へ向かいました。

15分ぐらい 住宅街で少し迷って到着♪


なんとも趣きのあるたたずまい!期待大♪


タオルセットもプラスして いざ!

中は黒みがかかった とてもぬるっとしたお湯でポカポカ~♪ 41度ぐらいのお湯で 半身浴だったけど汗だくになってきたので たぶん15分も入ってなかったと思う。
脱衣所はきれいだけど 大浴場のほうは古さが目立って ギャップが面白かったです。

誰もいなかったので 広場でごろ~ん!

汗がひいたところで 焼きまんじゅうを食べに途中にあった「奈々」へ。
注文してから焼いてくれるので少々時間がかかったけど おまんじゅうは大振りだし160円だしでびっくり。

味のほうも濃い!けど この濃さが上州の味!焼き加減も ほんのりこおばしくて とっても美味しい!と思ったら 地元では有名なお店だったよう。

「焼きまんじゅう、苦手」と言ってる主人にも 食べさせてみたくなりました。

お土産を買い込んで ホテルに預けてた荷物を取りに行き グリーン車で帰宅。


かまちの詩を読みながら。
また何か道筋のようなものが見えた旅となりました。

おしまい


PR
週末 仕事終わりで高崎線(グリーン車♪)に乗り 群馬県は高崎へ。


今回の宿泊は 東口のホテルサンコー高崎。シングルより狭い シングルSSルームにしましたが(ほぼ寝るだけなので) 充分な広さでした♪


ただ 隣のビルの室外機から水が出る音や 外の人の話し声などかなり聞こえるので 翌日は100ショップで耳栓購入しました・・・。去年泊まったシングルルームはぜんぜん気にならなかったので やはり安い分 何かあるなーといった感じ。でも お風呂も広いし 無料サービスの朝食に出る厚切りパンがすごく美味しい&ゆで卵もあるので コスパいいと思います。ホテルの方も親切~☆

あまり寝付けなかった翌日は「座繰り」のワークショップ参加の為 上信電鉄に乗りました。
もう完全なる春ですね。


座繰りは もう1年以上やってなかったので すっかり記憶がございません。

同じ参加者さんは常連さんのようで 手さばきも良く テキパキテキパキ!いろいろ教えて頂きました。面倒かけてすみませんでした・・・。


座繰りでひいた糸は 揚げ返しという工程へ。


「あみそ」という超難関の糸をくくる作業(何回やっても覚えられない)をして 乾燥させて終了~

最後のティータイムも 女子ばかりなのでおしゃべりもはずみ 楽しい時間でした♪

しかし やる度にいろいろ考えることが出てきて 壁にぶつかるわたくし。
とりあえず年内いっぱいは 安定したり不安定になったりの仕事やプライベートの人間関係のほうを優先させつつ できることだけ、できる範囲でやろうかな、と。千葉に居ても できることはあるはず。

高崎へ戻り 2月に来たときにも行ったうどん屋さん「めんいち」へ。
今回も「ひもかわうどん きのこ汁」を注文です!


お店がすいてたので 店主さんが作ってるところを少し見てたのですが きのこを炒めてました。だからコクがあるのかな~ 今度は家でもつけ汁を作るときにやってみようっと。

やりたいこと 食べたいものしか食べてない一日。
ストレスフル!

二度目の訪問。世界遺産登録後に訪れるのは初めて。


懐かしい~♪


三階建てに見えるけど 実は二階という珍しい木骨レンガ造り。

繰糸所の中。


ここでオートメーションで繭から糸をひいていました。(もちろん最初は人力です)


この機械を作ったのは 国産の某大手自動車メーカー。

今回 衝撃的だったのはここです!


前回は乾燥場という 繭を乾燥または乾燥させたものを保管する建物があったのですよ!しかしながら 大雪で倒壊し 今はこんな状態に。地質調査をしながら 少しずつ復元もしていくそうです。

もう一個。世界遺産になったことで その施設を維持していかなければならないってことで 補修作業が行われ始めています。入場料が500円(安!)から1000円に値上げされたのも そんな背景からかなーと思いました。


西置繭所が修復中。中は職人さんたちが作業をしており その様子は見学が出来るので 入ってみることにしました。
 

本物の壁に見えたところが プリントしたビニールシートだったのには驚き・・・。

別途200円を払って ヘルメット装着です。


有料かよ!て文句いわれそうだけど 修復費用への寄付と思って頂ければ・・・。

エレベーターで3階に上がったところの風景。あの煙突には当時高価だった避雷針がついております。それだけ群馬というところは雷が多く それでも国にとってここは重要施設だったので 設備にはお金をかけていたようです。


残念ながら中は撮影禁止・・・今 鎌倉の大仏も補修作業を行っておりますが あんな感じの風景でした。この日は 屋根部分の補修と調査をされているところでした。
これから30年かけて 全体的に修理、補修をしていくそう。終わるころ 生きてるだろうか・・・。
 
係りの方に「行ってみて~」とおススメされた 巨大な鉄水溜。


当時はレンガ製だったのだけど 水もれ激しい!てことで 鉄製に変更になり 400トンもの水を溜めておけるとか。鉄製の国内構造物としては 最古のものらしいですよ。

手作り感あふれるテーブルと椅子。


ポカポカ陽気で 座ってお茶するにはちょうどいい塩梅でした☆

帰り道 リサイクルの着物と和雑貨のお店を発見!


羽織が500円からありました♪ 中にはかわいい手作りのがま口バックなども!
こういうお店 探せばもっとありそうだなあ。

プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
グンマーで養蚕農家だった祖母のようなふだんキモノを目指しつつ楽しみつつ、チーバでゆるゆると暮らしています。冷えとり健康法実践中!
最新記事
(04/19)
(04/18)
(04/17)
(04/16)
(04/11)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 4 5 7 8
9 10 12 13 14 15
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/29 Elisa Brown]
[03/30 Tami Sandoval]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
メールはこちら
P R
Copyright © Kaguraのうららか日記 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]