忍者ブログ   
admin
  
                       
   
お天気が良かった昨日 吉祥寺へ。
毎年 この時期恒例の「染織こだま」さんの木綿展へ。

一昨年に買いそびれた反物を探しに出かけた去年は 縁がなく出会うことが出来ず。
でも 今年はあったのです!
しかし 素敵だし着たいと思ったのだけど 購入するには至らず。
タイミングって大事なんだな。

今回は 帯をガン見。
片貝木綿に 越後の型紙を使って染めた半巾帯♪


最後まで買おうか迷って 結局これも見送り。
帯巾が4寸3分あって 私には少々使いづらいのです。
典型的な ずんぐりむっくり日本人体型なので!

大旦那さんが見せてくれた「桐生織り」。巻絹紬っていうらしい。
ざっくりしてみえるのだけど ほっこりした織り。紫のほうは経糸の太さが なんか微妙に変えてあって うまくグラデーションになってるのですよね。



どっちもいい・・・仕立て代込みで6~7万円なので安いと思う。

あとは久留米絣の天然藍で染めた糸を使った手織りの反物とか のれんを下ろしてしまった機屋さんの技術を受けついだ 新しい会津木綿とか見せてもらい。

ちなみに帯にくいついてるの この時はわたくしだけですた☆

まーメインはキモノ、ですからね。

今回は何も買わず お腹がすいたので 調べておいた玄米菜食のカフェへ向かったものの。

休業日(泣)


こだまさんの会場から15分は歩いたのに・・・お腹がすきすぎて倒れそうだったので 100円自販機でミルクティー購入。吉祥寺は100円自販機が多くていいなあ。

勢いで途中で見かけたお蕎麦屋さん 「中清」へ~


二八そばのせいろにしました♪
つゆは甘めで お蕎麦も美味しかったです。雰囲気も 地元の方でにぎわっておりました。
お酒がいろんな種類あって のんべさんには良さそう~

しかし さすが住みたい街ナンバー1に選ばれた街らしく すごい人。
及び お店も楽しそうなのがいっぱい。
帰りにアトレの中の「Oisix CRAZY for VEGGY」でパンを買って帰ってきました☆

染織こだま http://someorikodamas.com/

中清(食べログ)http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13015907/

PR
   
  
   
   
                       
   
今日は人形町へ 新之助上布さんの新作お披露目会へ行って来ました♪


新之助上布といえば 近江縮!ちぢみは小千谷縮(無形文化財 無形文化遺産)が有名だけど ここ数年 本麻、綿麻といえど お値段の手ごろさとポップな色合いが多い近江のほうが 若い婦女子にも人気が上がってきております。そんな機屋さんのおひとつが 新之助上布さん。

入っていきなり トルソーさんがバーンと!これは新之助上布さんではありませんが。


主催が「月刊アレコレ」さんなので 季節のルールにとらわれず もっと体感で好きに着ようよ!というコンセプトのもと推奨されている「5-9きもの」の新作もありました。


藤井絞りさんの絞りも素敵・・・。

今年こそは 新之助上布さんの反物を購入するつもりでいるのだけど。
垂れ下がってる一番右側が好み♪ 遠めでは青とか紫っぽく見えるけど 実は青い縞の中に赤い経糸が入ってるという・・・すげー。


他に気になったの2点。


しかしわたくしは すっかり着ることから遠ざかってる上 技術的なほうの興味が強いので コーデがどうとかではなく やはり経糸の色の配色とか 横糸の太さとか打ち込みの強さ、弱さから出る生地のしなり具合とか そんなほうにばっかり目が行ってしまいます。

特に新之助上布さんの配色は やはり他と違ってテンション上がるものが多いので 見てるだけで飽きません!

目に留まったのも よく見ないと分からない白い糸が1本だけ経に入ってるとか ほんとは赤い糸なのに横に青を使ってるので 紫っぽいピンクに見えるとか そんな色のマジックに惚れ惚れとしたものたち。

手織り。


これも職人さんがすべての工程をひとりでなさってるとか・・・気が遠くなる作業です。

白いほうの反物は木の枝が分かれている先に つぼみのような実のようなものが ちょこんと織られているのだけど それも微妙に色が違ったりして「どーしてそんな面倒なことするのー?」て言いたくなるけど そこが職人の妙というか 粋な遊び心かな、とまた萌えるところなのです。

結局 私が購入したのは綿麻素材の白半襟(1620円)だけでしたが。
これも後でくたびれたら 染めてしまえるように白にしました☆


うーん やっぱりこの世界 好きだ♪
素敵なものを見せてもらったり いいお話も聞けた。
明日からのお仕事 頑張ろう~!


   
  
   
   
                       
   
昨日 初日のきものサローネに行って来ました。


YUITO日本橋室町野村ビル。

受付でいろいろパンフや会場案内図を頂いて 早速。
平日昼間だからか?そんなに混雑してるようではありませんでしたー。

最初に私の目を奪ったのはこちら。手織りの実演!


地機(じばた)です。やってるところ 初めて見た!経糸を腰に設定して 張り具合を調整するのです。
だいたい 普段 私達が見るのは 織機に経糸が張ってある高機(たかばた)のほう。
織り子さん ふたりいらっしゃいましたが これからワークショップなども開かれるそうなので 機会があったら是非参加してみたいです。
最後におっしゃっていた「着られるものを織りましょう」の一言が印象的でした。
これは やってる人間なら その言葉の意味が分かると思います。

そして「梅屋」さん。


ネットショップで見た ポリ着物の新色が気になっていたのでした。
着せてもらいました~うれしー♪


ベージュとカーキはすでに販売されており しかしながら色目がたぶん 私には合わなそうと諦めておりましたが このブルー&パープル!いい感じ・・・。なんかこの柄 銘仙を初めて見た時と同じような衝撃を受けました。素敵すぎる。

ついでにこちらも。「夜の森」 


派手かな~と思ったけど 着てみたらなぜか馴染む。そして軽い。

麻の「新之助上布」さん。


麻の腰紐の売れ行きがよくて もっと持ってくれば良かった~とおっしゃってました♪私も使ってますが 麻の毛羽立ちがいいらしく ウールや木綿とも相性がいいです。

そして今回 初めて知りました、群馬県は前橋にある「小川屋」さん。


老舗の呉服屋さんだそうで。ぐんまちゃんのハッピはスタッフさんの手作りとのこと。かわいい♪

群馬県産の繭なども展示。ガン見です!私が座繰りでひかせてもらった ぐんま200も。
黄金色のぐんま黄金は 染色で他の色に染まるのだろうか?


無料の講座も参加して来ました!
ばったり出くわした キンゾウ商店のせつさんに誘われ「たかはしきもの工房」さんのブースにて 吉澤暁子さんによる銀座結びの講座と たかはしさんの女将さん 高橋和江さんによる着物周りのお手入れ講座。

銀座結びって 私はお太鼓より先に覚えて締めていたので そんなに難易度高い感じはしないのだけど ちょっとしたことで見違えるようにきれいな形になるポイントは とっても勉強になりました。実践してみよう♪


そして女将さんによる 着物や着物周りのしわ取りのお話も目からウロコ~。
汚れやしみの理論も。さすが悉皆屋さん!正絹のアイロンがけやしみ抜き 知らないことばかりでした。

着物の手入れの定番、ベンジンがちょっとね・・・怖くて使ったことないけど。
女将さんおススメの薬品とやり方なら 出来そうですわ。

しばらくキモノから離れておりましたが 久しぶりにたくさんいい刺激を受けて楽しかったー!
やっぱり篭ってるだけじゃ ダメですね。
出来る範囲で またキモノを楽しもうと決めた一日でした♪


   
  
   
        
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
チーバ暮らし14年目の四十路です。主人と2人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。着物もユニクロの洋服を着るのと同じ感覚にて。最近、珈琲にはまってカフェ巡り中☆
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/18 やまぴぃ]
[05/08 やまぴぃ]
[05/07 やまぴぃ]
[05/07 やまぴぃ]
[05/03 Kerry Beck]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++