忍者ブログ
都合により 一部の記事にパスワードの設定をさせて頂きます~
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
タンスの整理に 手持ちのキモノ、絞りの浴衣、帯、羽織など数点を売りに行って来ました。
正絹ものは高円寺の「ひらり」さんへ持ち込んでます。
以下のもの全部で 6000円でした。


ちなみに化繊、木綿、ウールなど 通常のリサイクルショップでは買取りをやってないものは ミハマニューポートリゾートのエコタウンへ。状態よければ 1点100円ぐらいです。でも ひらりさんでも 正絹でなくても買取りをやってるみたいです。

ひらりさんではちょうど50%オフセール中で 紬の帯を購入。
単衣ってあったけど 紬で裏表もないし 芯なしでお太鼓部分は二重にかがってあったので 普通の八寸帯として充分かなと。


大江戸骨董市で購入の 久留米絣に合わせようと思います。

雨の日の足元対策として 草履カバーも買ってみたけど。


あ、足が入らん・・・!
草履の花緒が太いのと 靴下はき過ぎで ぎゅうぎゅう。まさかの事態。
みながこぞって カレンブロッソを買う理由も分かる・・・。

他のお客様が半額セールで購入した キモノ。あまりに素敵なので 撮らせて頂いた。


地紋が入って ぼかしも入って 鶴か白鳥の染めが入って ラメ(銀糸の刺繍だと思います)まで入って・・・かなり手の込んだ作り。今はこういう仕事をする職人さんも いないでしょうね~。とても貴重な一枚。お買い上げのお客様も とってもかわいらしくてすらっとした方だったので よく似合ってました♪ ほんと 出会いだなー。

PR
宮崎の「染織こだま」さんの木綿展が 初の千葉開催で 行って来ました!


場所は八幡。DMに八幡駅からの道順しか書いてなかったのでその通りに駅から歩いたのだけど 千葉方面から東京に向かって出るなら 一個前の鬼越駅のほうが近いかも?八幡のほうが快速が止まるから便利ですけどね。わりと歩きます・・・。

いつもの吉祥寺などに比べると小スペースですが 反物 たんまり!


西陣ウール。織りのほうは 種類によっては廃盤寸前らしい。職人さんが辞めたらそれまで、とのこと。なので仕入れが出来るうちはやる!ておっしゃってました。


久留米絣(手前)と伊勢木綿(奥の立ってるの)。


久留米絣はやっぱりいい!伊勢木綿も厚みが様々なので 用途や季節によって選べるのも魅力♪あとはデザインがいつも素敵!

せっかくなので いろいろ当ててみる。
大旦那さんにも勧められた伊勢木綿。これは自分的にも良かった。
 

久留米絣。着物用に織られたのと。
 

着物にも出来るテキスタイル用、みたいな。糸の細さが違うので 厚みも違います。


片貝木綿。この太い縞は 私には似合わない・・・。


西陣ウール。ブロックチェックみたいでかわいい。昔 こういう柄が欲しかったなー。居内商店さんのとか。


グンマーの館林木綿。縦にしゅっと白が入るのが 全部ではないけど 館林の特徴だったり。
広幅はもう 作られなくなりつつあるそうですよ。


あれこれ 来店されてるお客様やらとお話してるうちに 気づいたら3時間も居ました。

で 会津木綿の反物を購入して退散~♪

もともと目的が会津だったのだけど ネットで見たお目当ての柄は昨日 売れてしまっていて(泣)でも それもまた運命というか 見た瞬間「これだ!」ていうか「これしかない!」てのが見つかりました。やっぱり出会いですわ。

水通しだけ頼んで 出来上がり次第配送、にしましたけど キモノにするか羽織にするか迷い中。木綿かモスリンの羽織が欲しい~☆


今年も行ってきました、きものサローネ

今回は9月と10月に分かれて 2回催されるのですよね~
今日はお天気が悪かったけど キモノ着用の方ばかり。私は遠征から帰ってきたばかりで キモノを着る気力がなかったので 洋服で行きました。
なんか 洋服で行ったら あまり出展者から声を掛けられなかった。

きくちいまさんの公演。ピンぼけだけど。

ロビーですれ違った方が似てるな~と思ったら ご本人でした・・・あー声をかければよかったよ!

80体コーデ。


アンケートで3体ほど気に入ったのを選ぶようになっていたので あっちいったりこっちいったり見比べたのだけど なかなか難しい・・・。

新之助上布さんも こんな色合いだと9月でもぜんぜんオッケーですね。


あと気に入ったの いろいろ。


この だるまさんの帯と半襟のコーデが良かった。根付もだるまで!


群馬で注目の的となることうけあい♪

綿薩摩のキモノも飾ってあったので いいのか分からなかったけど ちらっと触ってきちゃいました。あの柔らかさとしなやかさは どんだけ細い糸なんでしょうか。

今日は梅屋さんで 水引きの帯留めを買って来ました。


サイズは大きいのと小さいのとあって これは小さいほう。

確か 牛首紬の機屋さんのブースで 繭の原種を見せてもらったり。


この左のピーナツ型のようなのが 繭の原種と言われてるそう。
ただ 糸をひくのにその形ゆえ 手間と時間がかかるので 今年で職人さんがひくのをやめてしまうそうです。寂しいなあ。座繰りで糸をひくと聞いて 写真を見せてもらったのだけど 私がやってる上州式とはまた違うやり方で 座繰りといってもいろいろあるのだな、と思いました。

最後は「たかはしきもの工房」さんのブースへ寄って 前に購入した腰にまくパットの使い方について相談。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

たかはしきもの工房オリジナル満点腰すっきりパッド(Mサイズ)
価格:4968円(税込、送料別) (2016/9/19時点)


中が開いていて 自分でタオルなどを入れて補正ができる&防水布つきでかなりな優れものなのだけど なかなか自分でどのぐらいの補正をしたらいいのか どのあたりの位置に巻くのがいいのか これ!というポイントがつかめないでいたので 相談をしに行きました。

人それぞれ 体型も違うので 答えもさまざま。
実際 今日は洋服でおじゃましたので 実演つきで教えて頂き 目からウロコでした☆

前に買ったけどうまく使えてない・・・みたいなことでも 快く相談に乗ってくれるようです。
売りっぱなし、じゃないところが安心できるショップさんです。

にしても キモノ、着なければ・・・。
来月のサローネは 着て行こう。

プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
グンマーで養蚕農家だった祖母のようなふだんキモノを目指しつつ楽しみつつ、チーバでゆるゆると暮らしています。冷えとり健康法実践中!
最新記事
(02/19)
(02/16)
(02/14)
(02/10)
(02/08)
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 11
12 13 15 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
[09/28 やまぴぃ]
[08/03 もここ]
[04/29 もこき]
メールはこちら
P R
Copyright © Kaguraのうららか日記 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]