忍者ブログ   
admin
  
                       
   
昨日 主人とモモの葬儀をしました。


先代、ランさんの時にもお世話になった ペットセレモニーブレアさん。


こじんまりとした施設ですが かわいがっていたペットの最期を見送るには 充分な設備とサービスです。


オプション料金をプラスして パルプで出来た棺に。生ものも少しなら入れてもいいということで 大好きだったりんご、キャベツ、人参を入れてあげました。生きてるうちに もっとたくさんあげれば良かったな。

まだ 眠ってるみたい。

予定より早く着いたので 火葬の予約時間まで一緒に居ました。


目に入れても痛くないほどかわいがっていた主人が 一番寂しそう。
話す声にも 覇気がありません・・・。そしてため息ばかり。いい相棒でした☆


火葬が終わるまで40分ぐらいだったかな。
お骨は係りの方が上げてくれたけど すごくきれいなお骨でした。
やっぱり 病気でなくなったわけではなさそう。
寿命だったかな、と なんとなく諦めがつきそうです。

飼い主が未練タラタラでいると かえって成仏できないと聞いてから 骨壷に入れて持ち帰ったりするのはやめました。なので こちらの合同墓地に 主人とふたりで納めました。


ここにはランさんもいるので 仲良くしてくれるといいな!

モモが見守ってくれているのか 昨日から始まった私の短期の仕事は 準備段階のすったんもんだがあったわりには すごくスムーズに そして人にも恵まれて良いスタートが切れています。

いつも元気だったモモ。
ちょっとワガママ姫なところもあったけど 私と主人を楽しませてくれてありがとう。
また会いに来るからね。

PR
   
  
   
   
                       
   
今朝未明 我が家の愛ハムスター モモが 天国へと旅立っていきました。


最近 もりもりとご飯も食べていたし 特別体調も悪いということもなく ぴょんぴょん飛び回ることもあって これはあと1年ぐらいは大丈夫だね、なんて主人と話していたところで ほんとに突然のことでした。朝7時に起き 身支度を整えて いつものようにモモに声をかけた主人が気づきました。
すでに息を引き取っていました。

まだ死後硬直も進んでいないようだったので たぶん 私達が起きる間際だったのではないかと。
少し早めに起きていたものの 布団から出なかったことを後悔しました。




ここのところ 私の体調が悪かったのもあって ほとんど外で遊ばせていませんでした。今考えると ストレスがたまっていたのかもしれません。外に出たくて ケージの金網を噛んだりしてたし。それとも寒さのせい?そろそろヒーターを、とは思っていたところだった。

ハムスターは死期が近づくと外で寝るようになる、と言われていますが モモは元々外で寝る子だったので ぜんぜん気配を感じず。でも いつもは自分でチップや床材の紙をちぎって寝床を作るのですけど ここ1週間ぐらいは まったくやってなかった。もしかしたら そんな力もなかったのか・・・。

ただ 主人が1週間の出張から帰ったのが夕べ。
モモはその時 足腰が弱っていたようだというので 主人が帰るまで天国に行くのを待っていてくれたのかも・・・。

主人とリンゴが大好きだったモモ。


うちに来た日。ちょうど二年前でした。(2015.10.27)
そういえば はしごの間に挟まってぶら下がる、という危ないひとり遊びをしていたなあ。

確かこの時も 私は風邪の病み上がりだった気が・・・そして仕事関係で すごく傷つくことがあった後で モモのかわいさにずいぶんと癒されました。

突然すぎて涙もろくに出ない感じなのですけど モモには感謝の言葉しかありません。
うちに来てくれてありがとう。


ホームセンターのペット売り場で 異種のハムスターと同じケージに入れられ いじめられていたモモ。見るに見かねてうちに連れ帰って2年。

充分な飼い主ではなかったと思うけど 少しは幸せでいてくれたかな?
もっと一緒に居たかったけど 安らかに眠ってね。

   
  
   
   
                       
   
なんだかいきなり冬!のような気温。寒い・・・あったかインナーを早めに用意すべきだった。
まだ扇風機もしまってないというのに・・・。

この冷え込みの中 元気なこの子。


やはりロシア原産だから?
寒くてちぢこまるどころか 日課のヨーグルトも効いてるようで 元気、元気!
特に主人が仕事から帰宅すると ぴょんぴょん跳ね回ってる・・・。
2歳のハムスターとは思えない動き。

私がやると すっごい嫌そうな顔をするなでなでも 主人がやるとこの通り。



前はちょこっと噛んだりしてたけど 今はしなくなりました☆


本日の 近所のお猫さま。


見かけるといつもスマホを構えるので あちらもなんとなく私のことを覚えてる?ような。
「またあんたか」といわんばかりの この表情。

しかしこの子たち 兄弟なのでしょうか。
いつも一緒にいるのですよねえ。
茶白のほうがちょっとぼんやりぎみで 黒ちゃんのほうがしっかり者のように 見受けられます。

いつも不思議なのだけど こういう寒い日や雨の日なんかは この子たちはどこに居るんだろう?

いつの間にやらやってきて 知らぬ間に去っていく。

   
  
   
        
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
最新記事
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
[09/28 やまぴぃ]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++