忍者ブログ   
admin
  
                       
   
今日は人形町へ 新之助上布さんの新作お披露目会へ行って来ました♪


新之助上布といえば 近江縮!ちぢみは小千谷縮(無形文化財 無形文化遺産)が有名だけど ここ数年 本麻、綿麻といえど お値段の手ごろさとポップな色合いが多い近江のほうが 若い婦女子にも人気が上がってきております。そんな機屋さんのおひとつが 新之助上布さん。

入っていきなり トルソーさんがバーンと!これは新之助上布さんではありませんが。


主催が「月刊アレコレ」さんなので 季節のルールにとらわれず もっと体感で好きに着ようよ!というコンセプトのもと推奨されている「5-9きもの」の新作もありました。


藤井絞りさんの絞りも素敵・・・。

今年こそは 新之助上布さんの反物を購入するつもりでいるのだけど。
垂れ下がってる一番右側が好み♪ 遠めでは青とか紫っぽく見えるけど 実は青い縞の中に赤い経糸が入ってるという・・・すげー。


他に気になったの2点。


しかしわたくしは すっかり着ることから遠ざかってる上 技術的なほうの興味が強いので コーデがどうとかではなく やはり経糸の色の配色とか 横糸の太さとか打ち込みの強さ、弱さから出る生地のしなり具合とか そんなほうにばっかり目が行ってしまいます。

特に新之助上布さんの配色は やはり他と違ってテンション上がるものが多いので 見てるだけで飽きません!

目に留まったのも よく見ないと分からない白い糸が1本だけ経に入ってるとか ほんとは赤い糸なのに横に青を使ってるので 紫っぽいピンクに見えるとか そんな色のマジックに惚れ惚れとしたものたち。

手織り。


これも職人さんがすべての工程をひとりでなさってるとか・・・気が遠くなる作業です。

白いほうの反物は木の枝が分かれている先に つぼみのような実のようなものが ちょこんと織られているのだけど それも微妙に色が違ったりして「どーしてそんな面倒なことするのー?」て言いたくなるけど そこが職人の妙というか 粋な遊び心かな、とまた萌えるところなのです。

結局 私が購入したのは綿麻素材の白半襟(1620円)だけでしたが。
これも後でくたびれたら 染めてしまえるように白にしました☆


うーん やっぱりこの世界 好きだ♪
素敵なものを見せてもらったり いいお話も聞けた。
明日からのお仕事 頑張ろう~!


PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 10 11 13
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[01/06 kanon212]
[01/04 Heidi Reynolds]
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++