忍者ブログ   
admin
  
                       
   
富岡製糸場にて 糸枠飾りを座繰り機で作るワークショップを開催していたので 参加しました♪


体験料1500円を支払って 糸枠の飾りを選びました。私は春に向かって 梅と桜にしました。

うーん 懐かしや 座繰り!思えばずいぶん やってなかったです。


煮た繭を「みごぼうき」と呼ばれる小さなほうきでなでていくと 糸がびよ~んと出てくるので それを引いて巻き取っていくのです。何本かをよって一本の糸にしていきますが 成分がタンパク質なので 自然にお湯でくっついていきます。太さ、長さはそんな感じで調整。

座繰り機。


これが欲しくて骨董市など見てまわってますが まあ 東京近郊ではお目にかかれなくなってます。群馬県内の骨董市だとたまに出てくるそうなので 今度 桐生天満宮の骨董市にでも行って探してみますかねー(新品もメーカーさんでは売ってますが)。

二台の座繰り機を使ってましたが 平日なのにかなりな繁盛っぷり!係りの方達は とても忙しいようでした。


昔はこんな感じで。効率化するために 機械もどんどん取り入れていたようです。


出来上がった糸枠飾り♪ 
ちゃんと「富岡製糸場」と「お富ちゃん(イメージキャラクター)」の刻印も入ってますよ!
 

中に豆電球など仕込むと 夜はきれいなライトになるのです。

座繰り機のハンドルを回し始めたら おばあちゃんからのDNAなのか 血が騒いでウズウズ。
やっぱりまた 始めようかなー。
しかし先立つものもなく・・・期待していた仕事のつてもなくなってしまったし 何をするにもお金はかかるものですね(汗)

誰か「うちの座繰り機 使っていいよ!」て方がいらっしゃったら 是非 ご一報を・・・。

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
最新記事
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
[09/28 やまぴぃ]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++