忍者ブログ   
admin
  
                       
   
滞在時 泊まったホテルは高崎駅東口の「ホテル1-2-3高崎」。


こちらはレディース専用フロアがあり 女性しか宿泊出来ないお部屋があります。エレベーターを降りるとガラスドアがあり パスワードを入れないと鍵が開かず お部屋まで行けないつくりになってます。セキュリティがしっかりしてますが わりと隣のお部屋の物音は聞こえちゃう感じ。

アメニティも充実してて DHCの商品が!パックと入浴剤まで揃ってる。


お部屋にアップルティーとお茶のティーバックがありましたが 2階のフロント横にコーヒーコーナーがあり 紙コップも用意されてるので お部屋まで持ち込み可能。ありがたい!


夜はゆっくり半身浴をし ナノイースチーマーでお肌のケア。その後 DHCのパックをして お肌つるつる♪


これ 初めて使ったけどいいですね!欲しくなってしまった。

夕食は高崎モントレーのレストラン街「イーネキチン」で醤油豆が入ったハンバーグプレートを。ドリンク無料券があったので 食後にミルクティーを頂きました。

 
二日目の夜は 本屋さんで「しるくたび」という本を買い これまた高崎モントレーのスーパーで タニタのデザートとのんある。


夜 時間があったのでぶらぶら。
西口のほうに「高チャリ」と呼ばれるレンタサイクル発見。


ポート開放時間内なら どこで借りて返してもいいそう。しかも最初に100円必要だけど 返却時に戻ってくる!なんて良心的なんでしょう♪ 群馬県はひとり一台と言われるほど マイカー所有率の高い県。車がないと不便だけど 自転車があれば行動範囲 広がります!

夜の高崎駅。


世界文化遺産に登録された富岡製糸場へ電車で行くには 高崎駅から上信電鉄に乗り換え。


前はJRと上信電鉄は繋がってたと地元の方に聞きましたが 今はJRの改札を出て右に進み 外に出る手前の階段を降下。




毎週水曜日が休場になったこと 入場料が500円から1000円に値上がりしたのは知りませんでした(汗)
 

高崎駅のほうは自動券売機もあり 駅員さんもいますが 途中の駅は基本 駅員さんも時間帯によってはいたりいなかったりの無人駅。


帰りはどうやって切符を買えば・・・とたそがれそうになってたところ 丁度 駅員さんがいらっしゃって 無事に切符購入。


無人のときは 電車内にある機械から番号札を取って 降りるときに運転手さんに支払うみたいです。アナログだけど 逆に新鮮!でもそれを やはり地元の方でも知らない人が多い。それだけ電車に乗る機会が少ないってことですねー。


藤岡の群馬サファリパーク仕様の外装↑ なんかカッコイイ☆

上毛新聞発刊の ぐんまの手仕事。いつの間にか二巻が発売されてました・・・。わたくし愛用の 沼田の桐下駄職人の丸山さんも 最後のページで紹介されてます~



こちらは「しるく」とあって 富岡製糸場がメインの本。周辺のグルメガイドなどもたくさん♪
私が見に行ったのはずいぶん前だけど まだ閑散としてた頃なので 今はどんな賑わいなのか また訪れてみたいです。


桐生や伊勢崎も紹介されており まだまだ知らないところが多し!
藤岡や下仁田にも素敵なお店があるみたい。
お出かけ心がむくむくと沸いてくる そんな一冊となっておりました。


PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 10 11 13
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[01/06 kanon212]
[01/04 Heidi Reynolds]
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++