忍者ブログ
都合により 一部の記事にパスワードの設定をさせて頂きます~
[301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291
前に繭玉から自分で座繰りでひいた絹糸です。ひいた糸は精練という工程を得てから染めます。
これは精錬済み。


やるやると言うこと数ヶ月。やっと着手。この糸をびわの葉で染めます。
材料はイオンの健康食品売り場で買ったびわの葉。


糸の重さを計量。19グラム。少ないです。


このびわの葉は乾燥葉なので マニュアルによると染める対象物の半量~同量とのこと。同量でいきます!


排水溝ネットに入れて 煮だします。なんとなく思ってたより色が薄い気がしたので これを二回やりました。


ここまでが昨日の作業。本日は 色止めの為の媒染液を これまたイオンの漬物用品を売ってるコーナーで「焼きみょうばん」を買い つくりました。


媒染液は他にも種類があって 何を使うかで染め上がりの色が変わります。

ホーローのたらいにびわの葉の染液を入れて加熱。糸は水に浸して絞っておきます。


投入~!中火ほどで煮立たせながら 15分ぐらい ゆらゆら揺らしたり 引き上げたりしながら染めます。



いい色になってきたところで引き上げ 水洗いした後 焼きみょうばんの媒染液に入れて20分。


水洗いしたらまだ淡いかな~と思ったので さらに同じ作業で染め染め♪
しかしこれが後で大変な事態に・・・。


糸にびわの葉の色素が入っていくので 染液が薄くなっていきます~

最後の水洗いで終わり!なはずでした・・・。
出来上がり。と 言いたいところだけど。


なんと糸が絡まないようにつけておいた糸がほどけてしまい 気がつかずに水洗いをがしがしやった為 からまりまくって大変なことにー(泣)

糸も もしゃもしゃ。一応 救護策はあります・・・。この一カセに横に4箇所ついてる あみそ という糸。
 

これは絶対に外れない&ずれないように4束分ぐらいにくくってあるので このあみそを頼りに 糸をそろえていくことは可能です。

ということで 2時間がんばってここまで・・・。


上のほうはなんとか・・・あとの3分の4はまだまだ絡まってますね・・・。

あ~一回染めでやめておけば良かったのに!色は淡いオレンジベージュのようでサイコーなの♪

でも 最後まで気を抜かないことと あみその重要性は勉強になりました・・・。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
グンマーで養蚕農家だった祖母のようなふだんキモノを目指しつつ楽しみつつ、チーバでゆるゆると暮らしています。冷えとり健康法実践中!
最新記事
(07/22)
(07/15)
(07/03)
(06/13)
(06/04)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/06 Ann Weaver]
[06/17 Ann Weaver]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
メールはこちら
P R
Copyright © Kaguraのうららか日記 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]