忍者ブログ   
admin
  
                       
   
定期的に通っている師匠の元へ。
今回は自分でひいて染めた糸を持参。青いほうがそう。生葉の藍で染めた糸。
藍というと深い紺色が頭に浮かびますが、あれは藍を発酵させた「すくも」で染めた色なんだそうです。


ピンクの糸は春先に染めた 山桜。桜の枝から染料を抽出してます。すごくきれいな落ち着いたピンクで大好きな色です♪ 今回は横糸にこの山桜を1本と 生葉の藍染めの糸を2本どり、3本使いで機織りしました。

機織りすることを考えて 生葉の藍染めの糸はわざと太めにひいたつもりだったけど やっぱり織るスピードが遅いのと 目をつめて織ってしまうクセが抜けず 90センチ余り織ったところでタイムオーバー・・・続きは来月に持ち越し。ということで 11月も遠征です(汗)

そしてなぜか 撮ったはずの画像がない・・・途中まで織ったショール、撮影したのに。

夕方 お開きになった後 私は急いで高崎へ。経由して両毛線に乗り換え 伊勢崎へ向かいました☆

目的は いせさき燈華会(とうかえ)と 銘仙市のイベントを見る為!


こんな感じで伊勢崎のシンボル、鐘楼の回りや街中ををぐるっと燈籠やろうそくが囲み すごく幻想的な素敵なイベントなのです~ 

次は いせさき明治館。


伊勢崎銘仙の展示をガン見。これ 振袖なんですかね。銘仙の振袖て初めて☆


ドレス風とか。新しい・・・。


どんツボなコーデがありましたよ! 伊勢崎銘仙は わりとモダンでシックな色柄が多いんでしょうかね。普通に今着ても違和感ないなーと思ったり。黒系のキモノに黒の帯、サイコー♪



その後は神社で行われているという銘仙市を目指すも なんだか通りが真っ暗で大丈夫か?という不安。師匠にも伊勢崎はピンク系の怪しい店が多いから気をつけるように言われてきたし。

帰ろうかなーと思い始めたところで どうやらたどりついたよう。社務所でやってたみたいです。


入り口のマネキンさんがかわいい♪ 半衿、欲しかったかも。


何がどう 伊勢崎銘仙なのかと知りたくて寄ってみたのだけど もう閉店間際でまったりムードになってたので 私もブラブラ物色。しかしこんなにたくさん 状態のいい銘仙、あるんですなあ。千葉じゃあまり見ないわ~
さすがに本場は違う。


PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
こんにちわ!
ごぶさたしてます〜もここです〜

kaguraさんin伊勢崎!!!
銘仙市行きたかったけど泣く泣く断念…
うちからさほど遠くないので、
知っていればご一緒したかった!!!

しかしさすが車社会の群馬。
ご苦労されましたね…

観光協会の案内などはいかがでしたか?

また是非群馬にいらっしゃるときは
お声かけてくださいねー!!!
もここ。 URL 2014/11/01(Sat)11:29:19 コメントの編集
     
      
Re:無題
わ~い、もここさん、こんにちは!

ついに伊勢崎へ上陸してきましたよ(笑)
ご連絡しようかかなり迷ったのですが、伊勢崎到着は夜の予定でしたし、朝早く千葉を出てふらふら状態だと思われたので、遠慮しました(汗)

翌朝、駅の中にコンビニがあったのに気づきまして、教えてもらった場所より近かったみたいです~
駅前にスーパーが出来るみたいなので、次回は期待できそう♪

ブログで拝見しましたが、双子ちゃんもすくすく大きくなってますね!
いずれまた、お会いできますように~(^^)

かぐら
【2014/11/01 11:59】
            
           
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
最新記事
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/03 Andrea Gibson]
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++