忍者ブログ   
admin
  
                       
   

前回の記事に 主人より訂正が入りました。
「角のうどん」は ど の発音が ろ になるので 「かろのうろん」になるとのこと。
かろのうどん、と表記してました。すみません。ていうか かろのうろんって言いづらくないかな。舌 噛みそうです。

博多町家ふるさと館のあとは はかた伝統工芸館へ。

博多織や博多人形のほかにも 博多鋏、曲物、張子などいろいろありました。
2階の展示室は博多帯を贅沢にもインテリアとして使っており すごくお洒落でした~(欲しいわ♪)でも 撮影NGとのこと。むーん。
そういえば 博多織のウエディングドレスなんてのもありましたよ☆

この後 市内の久留米絣の織元さんがやってるお店に行こうとしたら スマホナビに従ったにも関わらず 道に迷い 右往左往。
見つからず 暑さもあってばててきたので 近くの薬膳のお店「薬膳きももき」というお店に入り ぜんざいを頂きました。


白玉はお豆腐で出来てます♪ 小豆がしっかりしてて 食べ応えがありました。

薬膳効果か ぷんすかしてた気持ちがクールダウンしたので さらにお店を探しに行き やっと福岡城跡地の近くで見つかったものの なんとお休み! ぐわーん!
お店の方はいらしたので 博多駅近くでこちらの久留米絣を扱ってるお店を教えてもらい バスで戻りました。あー 半日 無駄に・・・。

教えて頂いたお店。ディーアンドデパートメント福岡。外観は大丈夫かな?という古さを感じた創りでしたが 中はとてもきれいでお洒落でした☆いろいろな雑貨全般を置いていて カフェもありました。

さつまもの という企画展のようなコーナーがありました。
その中のひとつ、西郷さんマトリョーシカに大注目! 西郷さんの中に西郷さん、またその西郷さんの中に西郷さん・・・そして最後は飼い犬のつんが出てくるといった次第♪ かわいい~



博多千年門。新しく出来たもののようですが こちらにも献上柄が!
博多を訪れる観光客への ウエルカムゲート、だそうです。裏と表で独鈷柄、華皿と分かれているそうですよ(さっき知った)。


川端商店街を通ったら ふくろうと触れ合えるという変わったお店を発見。
カーテンがかかっていたけど隙間から中を覗いたら かわいいフクロウちゃんがたくさんいました♪ 入ってみたいけど・・・どうなんだろうか?という 私以外の気になる方々も 数人 中を覗いていましたよ。
 

久留米絣が空振りだった分 夕食は奮発してうなぎを食べに 博多では人気店という「吉塚うなぎ屋」へ~! 特うな丼きも吸い付き(約2600円)、です!



同じ福岡でも柳川のほうはせいろ蒸しらしいのですが こちらは皮がパリパリの蒲焼でした。
が! やはりね、醤油の違いなのか たれがさっぱり目。関東育ちのわたくしには 若干、物足りない濃さですが うなぎがとても脂がのってるので 最後のほうはたれが軽くて助かったと思いました。

お腹がふくれたまま 福岡駅の阪急にお店が出ていた こちらも大人気というチョコレートショップ で テレビで見た 博多の石畳 というケーキと 博多ふわり という小さなひとくちケーキを♪



中はしっと~り なめらか~で うまうまでした♪ (絶対 太ったわん)

つづく

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
最新記事
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
[09/28 やまぴぃ]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++