忍者ブログ   
admin
  
                       
   
3月に父が緊急入院、4月に退院。その後、私の体調が悪かったので連絡が遅れ そろそろ顔を見に行くかと電話をしたら、再び 父入院 という運びになってて、慌てて実家へ帰りました。

入院してる病院は 実家から近く、母の負担が減ってまだ良かった。
前は電車で行く病院だったので・・・なんだか母のほうが倒れるんじゃないかと 心配しました。

父の病状は だいぶ落ち着いて もうすぐ退院出来そうとのこと。
今度退院したら 夫を連れて早く来ようと思う。じゃないと また何かで入院しそう。

近くの和菓子の名店 「草月」 で 「黒松」というお菓子を買いました。

黒松

黒糖と蜂蜜を使った ふわふわな皮が特徴の どら焼きです。
焼き目がヒョウ柄のようなので お茶を入れたカップも ヒョウ柄チョイス!
今日は祝日で 店内は入れ替わり立ち代り お客様で混雑してました。
一個 105円というお値段も 人気の秘密のようです。

とっても美味しいのですが  基本 このお店でしか買えなく、恐ろしく並ぶ時もあるので 大量に買う方は予約をするようです。あとは通販で取り寄せ可能です。

黒松本舗 草月 http://www.sogetsu.co.jp/
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
お見舞い申し上げます。
お父様の具合、そしてかくらさんご自身の体調、いかかですか??

こんな季節の変わり目ですし、一度崩すとなかなか復帰が難しいですよね〜;
私は睡眠欲だけ有り余っているので、
ゆっくり毎晩寝るようにしています…
基礎疾患があるので、小さな体調変化が怖い物です;;

美味しいもの沢山食べて、
お大事にしてくださいね〜!!!
もここ。 URL 2013/05/08(Wed)10:14:41 コメントの編集
     
              
 
もここ。さんへ
もここさん、優しいお言葉ありがとうございます!
私の体調はもう、大丈夫です!もここさんもお大事になさって下さいね。
今年はなんだか天候の変化に、体がついていきません~

父はけっこう元気で安心しました。
持病もあり、思うような治療が出来ないので対処療法しか出来なく
しばしばひどく悪くなってしまいます。
健康が一番ですよね。
かぐら 2013/05/08(Wed)10:26:01 コメントの編集
     
              
 
無題
お父様、早くお元気になられますように。

私の父は80、母は76になりました。
幸い二人とも一病息災でおりますが、やはり離れていると何かと心配です。

かぐらさんご自身もどうぞご自愛下さいね。
kanon212 URL 2013/05/08(Wed)15:43:08 コメントの編集
     
              
 
kanon212さんへ
カノンさん、お気遣いありがとうございます!
父は検査をして異常がなければ、来週中には退院出来そうです!

本来なら自営の父はまだ現役で仕事をしつつ、母はパートを定年退職で、
第二の人生を謳歌してるはずでした。
カノンさんもご両親と離れてお暮らしとのこと、ご心配ですね。
お互いに、健康で過ごせることが何よりと思います。

カノンさんの咳は止まりましたか?
また寒くなったり暑くなったり、体調お気をつけくださいね。
かぐら 2013/05/08(Wed)20:25:20 コメントの編集
     
            
           
  
プロフィール
HN:
かぐら
性別:
女性
自己紹介:
トーキョー下町出身のチーバ暮らしの四十路です。ペットのハムスターと主人との3人暮らし。冷えとりしながらふだん着物を楽しみつつ、時々趣味でイトとハタ(咲きおり)やってます。たまに母の出身地グンマーへ遠征へ。
最新記事
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/31 やまぴぃ]
[03/12 もここ]
[01/19 やまぴぃ]
[01/03 kanon212]
[09/28 やまぴぃ]
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) Kaguraのうららか日記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++